つながる価値、ひろがる未来。 ファイル転送、データ連携ならHULFT

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

FAQのNo.から検索


myHULFT


評価版ダウンロード、ご利用製品のライセンス管理、セミナー/研修のお申込み、各種お問合せはこちらから

ログイン

技術サポートサービス


技術サポートサービスご契約のお客様へ:豊富なテクニカルFAQやマニュアル等を閲覧いただけます。是非ご利用ください!

ログイン

「 バージョン 」 でキーワード検索した結果

37件中 21 - 30 件を表示

3 / 4ページ
  • HULFT IoT 評価版から製品版への移行は可能ですか?

    同一バージョン、レベル、リビジョンであれば、プロダクトキーの更新のみで移行が可能です。 製品版ご購入後に改めてプロダクトキーを取得して更新をお願いします。 詳細な手順は、HULFT IoT Webマニュアルに掲載しております。 マニュアルは、myHULFTまたは技術サポート専用サイトに掲載しているリンクより

    • No:29987
    • 公開日時:2018/04/24 14:20
    • 更新日時:2018/11/21 09:47
    • カテゴリー: HULFT IoT
  • HULFT8を英語OS上で利用することは出来ますか?

    HULFT8より、日本語版と英語版の区別はなく、切替えにより使用可能になりました。 インストール時の設定、もしくはシステム動作環境設定の「HULFT動作言語」で設定することができます。 HULFT7以前のバージョンについては、日本語環境 OS には日本語版製品、英語環境 OS には英語版製品 (HULFT 本体の

  • HULFT8 評価版から製品版への移行は可能ですか?

    同一バージョン、レベル、リビジョンであれば、プロダクトキーの更新のみで移行が可能です。 製品版ご購入後に改めてプロダクトキーを取得して更新をお願いします。 詳細な手順は、マニュアルに掲載しております。 マニュアルは、製品版・評価版に含まれます。 製品に収められている「ソフトウェア説明書」(readme)に

  • 製品の動作環境はどこで確認できますか?

    対応OSや必須ソフトウェアについては、各製品ページまたは次のURLよりご確認いただけます。 動作環境検索 https://his.hulft.com/productinfo/opeenv/user 上記に記載のない製品・バージョンに関しましては、製品に含まれる「Readme」にてご確認下さい。

  • ASCIIとEBCDICの1バイトコード変換結果 (HULFT 全機種)

    1バイトコードの変換表につきましては、各バージョンに応じて以下のマニュアルにまとめて記載されておりますので、マニュアルをご参考ください。 Ver.8 【マニュアル】 「HULFT8 コード変換マニュアル」 付録A コード変換一覧 Ver.7 【マニュアル】 「オペレーション・マニュアル」 付録2 コード

  • HULFTインストール時に「シリアル・プロダクトキーが不正です。」といったメッセージが出力される

    HULFTを導入する環境と、プロダクトキー発行画面で設定した情報が一致していないことに起因して、該当のメッセージが出力されます。 具体的には、下記が想定されます。 シリアル番号が異なっている。 バージョン・レベル・リビジョンが異なっている。 OS情報が異なっている。 ホスト名が異なっている。 例) HULFT

  • 評価版から正式版への環境移行について

    評価版と正式版のバージョン、レベル、リビジョンが同じ場合、環境を引き継いで正式版へ切り替えることは可能です。 HULFT Ver.7につきましては、評価版のアンインストールと製品版のインストールが必要です。 HULFT Ver.8につきましては、製品版のインストールは不要です。プロダクトキーの更新により製品版へ切り

  • ユーティリティの戻り値の確認方法

    「OUTPUT」や「EXIT」パラメータを利用して、エラーコード、完了コードを出力してください。 ユーティリティの引数については各バージョンに対応した「オペレーション・マニュアル」をご参考ください。 Mainframe の場合 コンソールログ、またはジョブログからご確認ください。

  • HULFT for MainframeとHULFT8間の通信で発生する修正済みの問題について

    frame側が解釈を正確に行うことが出来ず、メモリ操作を誤ることが原因で発生します。 HULFT8から追加された動作として、相手側HULFTに対し初回の通信で「バージョン確認のための電文」を送信し、相手側がHULFT8かそれ以下のバージョンかの確認を行います。 HULFT for MainframeがHULFT8から送信された

  • 【作業資料】FireWall設定、クラスタ導入例、チューニング、メモリ・ディスク見積り、APIサンプル ほか

    参照ください。 ■HULFT 技術文書一覧 (FAQ No.13357) 【ご用意した手順書】 別マシンへの移行作業手順(バージョンアップを兼ねる場合も含む) クラスタ環境での設定例・バージョンアップ方法 メモリ・CPU使用量の目安資料 同一端末でのHULFT複数起動手順 FireWall設定手順 APIサンプル

37件中 21 - 30 件を表示