つながる価値、ひろがる未来。 ファイル転送、データ連携ならHULFT

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

FAQのNo.から検索


myHULFT


評価版ダウンロード、ご利用製品のライセンス管理、セミナー/研修のお申込み、各種お問合せはこちらから

ログイン

技術サポートサービス


技術サポートサービスご契約のお客様へ:豊富なテクニカルFAQやマニュアル等を閲覧いただけます。是非ご利用ください!

ログイン

「 バージョン 」 でキーワード検索した結果

37件中 1 - 10 件を表示

1 / 4ページ
  • 元号切替の影響について (HULFT製品)

    aMagic) 日付項目演算機能を使用している場合に影響を受けます。新元号への対応は「Ver.3.1.5」および「Ver.2.2.4」にて行っております。影響を受ける機能を使用している場合は、製品のバージョンアップをご検討ください。 HDC-EDI Base HDC-EDI Base自体には、和暦を意識した処理が

  • プロダクトキー再発行が必要となるケース、および再発行方法(HULFT)

    以下の場合にプロダクトキーの再発行が必要になります。 製品の導入環境の変更により、以下の情報が変更される場合 導入マシンのホスト名の変更 (※) 導入 OS の変更 製品の変更 / 製品の構成を変更する場合 製品のレベルアップ・リビジョンアップ 製品の上位グレードへの移行 製品のバージョンアップ 製品の評価版

  • プロダクトキーの変更を行いたい

    製品やバージョンによって対応方法が変わります。 HULFT および HULFT Manager Ver.8以上 HULFT IoT HULFT-HUB Server Ver.3.6.0 以上 DataMagic Ver.3以上 導入マニュアルの「プロダクトキーの更新」手順でプロダクトキーの変更を行うことができます

  • DataMagic Ver.3 評価版から製品版への移行は可能ですか?

    。 ・ 評価版と製品版は、同じバージョン、レベル、リビジョンであること。 ・ 評価版と製品版は、同じOS/CPU 版であること。 ・ 評価版と製品版は、製品の暗号化有無が同じであること。 なお、DataMagic Server グレードの場合、プロダクトキーの更新はスーパーユーザだけが実行できます。 一般ユーザはプロダクトキー

    • No:29991
    • 公開日時:2018/04/24 14:20
    • 更新日時:2018/11/21 09:47
    • カテゴリー: DataMagic
  • DataSpider Servista 評価版から製品版への移行は可能ですか?

    Server Package またはBasic Server Packageである場合 設定のバックアップや、移行の手順に関しては、該当するバージョンの『アップグレードガイド』をご参照ください。 『アップグレードガイド』は、製品版・評価版に含まれます。 また、「myHULFT」からのダウンロードも可能です。

    • No:30019
    • 公開日時:2018/04/24 14:20
    • 更新日時:2018/11/28 14:29
    • カテゴリー: DataSpider Servista
  • インストールや各種設定、エラー時の対処方法を知りたいです。どのマニュアルのどこを参照すればいいでしょうか。(HULFT Ver7、8)

    各マニュアルの用途、および記載概要について以下に説明いたします。 ※本FAQで記載しているPDFファイル名、およびリンク先のマニュアルは「HULFT8 for Windows」を想定しております。 マニュアルのPDFファイルの名称はバージョンやOSによって変わります。 ファイル名の詳細は文末の【注釈1】を

  • 技術サポートサービス専用サイトでご利用いただけるサービスについて

    。 お客様マイページを利用して、WEBでのお問い合わせが可能です。 過去の問合せ履歴も確認いただけます。 製品マニュアルを読みたい。 製品マニュアルにアクセスしてください。 各バージョンの最新のマニュアルをダウンロードいただけます。 製品のリリース情報知りたい。 製品情報にアクセスしてください。 リリース情報は

  • 【作業資料】FireWall設定、クラスタ導入例、チューニング、メモリ・ディスク見積り、APIサンプル ほか

    参照ください。 ■HULFT 技術文書一覧 (FAQ No.13357) 【ご用意した手順書】 別マシンへの移行作業手順(バージョンアップを兼ねる場合も含む) クラスタ環境での設定例・バージョンアップ方法 メモリ・CPU使用量の目安資料 同一端末でのHULFT複数起動手順 FireWall設定手順 APIサンプル

  • HULFT for MainframeとHULFT8間の通信で発生する修正済みの問題について

    frame側が解釈を正確に行うことが出来ず、メモリ操作を誤ることが原因で発生します。 HULFT8から追加された動作として、相手側HULFTに対し初回の通信で「バージョン確認のための電文」を送信し、相手側がHULFT8かそれ以下のバージョンかの確認を行います。 HULFT for MainframeがHULFT8から送信された

  • ユーティリティの戻り値の確認方法

    「OUTPUT」や「EXIT」パラメータを利用して、エラーコード、完了コードを出力してください。 ユーティリティの引数については各バージョンに対応した「オペレーション・マニュアル」をご参考ください。 Mainframe の場合 コンソールログ、またはジョブログからご確認ください。

37件中 1 - 10 件を表示