つながる価値、ひろがる未来。 ファイル転送、データ連携ならHULFT

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

FAQのNo.から検索


myHULFT


評価版ダウンロード、ご利用製品のライセンス管理、セミナー/研修のお申込み、各種お問合せはこちらから

ログイン

技術サポートサービス


技術サポートサービスご契約のお客様へ:豊富なテクニカルFAQやマニュアル等を閲覧いただけます。是非ご利用ください!

ログイン

『 テクニカルFAQ-一般公開版- 』 内を 「 hulft 」 でキーワード検索した結果

53件中 31 - 40 件を表示

4 / 6ページ
  • 日本の電子政府推奨暗号の暗号仕様への準拠について

    HULFT暗号は独自ロジックの暗号を行っておりますが、安全性確保のため、日本の電子政府推奨暗号の暗号仕様準拠への有無および類似暗号アルゴリズムについては、明確な回答ができかねます。 なお、HULFTのオプションである「HULFT8 CipherOption (AES)」(※1)については、日本の電子政府推奨暗号の

    • No:27719
    • 公開日時:2017/06/05 00:10
  • tar コマンド以外のツールによる HULFT のバックアップについて

    tar コマンドで確認を行っておりますので tar コマンドを推奨しますが、バックアップ復元後、ディレクトリ構成や各ファイルのオーナー・グループ・権限などの属性がバックアップ前と変わらなければ、ツールは限定されません。

    • No:11498
    • 公開日時:2013/02/27 18:01
    • 更新日時:2017/07/14 17:51
  • 管理 画面の履歴を確認したところ、エラーコードとして完了コード"301"が出力されていた。 (HULFT for UNIX/Linux)

    完了コード"301"は「ファイルをオープンすることができない」を意味しており、処理に使用しようとしているファイルやパスが存在しない、またはパーミッションが許可されていないなどによりアクセスできない場合に出力されます。 完了コード"301"が出力された場合、解決のため、「どの」ファイルがオープンできないかを詳細...

    • No:28158
    • 公開日時:2017/08/22 09:32
  • 新しいバージョンで修正された障害の確認方法(HULFT・HULFT-HUB・DataMagic・HULFT-WebFileTransfer)

    で対応された障害の情報を確認することができます。 <障害一覧>に記載された障害の対応情報の詳細は後続の項目<障害報告>にて記載しております。 ※リリース文書の入手方法は こちら をご確認ください。 以下は HULFT for Windows Ver.8.1.3のリリース文書の<障害一覧>および<障害報告>になります

    • No:28603
    • 公開日時:2017/12/27 14:27
    • 更新日時:2019/02/27 09:55
  • バージョンアップ時に発生する、バージョンアップにともなう非互換の確認方法(HULFT・HULFT-HUB・DataMagic・HULFT-WebFileTransfer)

    異なるバージョン間で発生する非互換については「新機能・非互換説明書」に記載されており、そちらをご確認いただく必要がございます。 以下にHULFT for Windows Ver.7.1.1からVer. 8.1.3へバージョンアップする場合の非互換の確認を例にご説明いたします。 ■目次 1. 「新機能・非互換

    • No:28604
    • 公開日時:2017/12/27 15:29
    • 更新日時:2019/07/19 10:30
  • ASCIIとEBCDICの1バイトコード変換結果 (HULFT 全機種)

    1バイトコードの変換表につきましては、各バージョンに応じて以下のマニュアルにまとめて記載されておりますので、マニュアルをご参考ください。 Ver.8 【マニュアル】 「HULFT8 コード変換マニュアル」 付録A コード変換一覧 Ver.7 【マニュアル】 「オペレーション・マニュアル」 付録2 コード

    • No:6243
    • 公開日時:2013/01/16 17:49
    • 更新日時:2019/02/25 13:44
  • プロダクトキー再発行が必要となるケース、および再発行方法(HULFT)

    TCPIP のホスト名) UNIX/Linux : hostname コマンドで発行された名称 (ドメイン名も含まれている場合、ドメイン名を含めたホスト名) OS400 : サインオン画面の「システム」に表示された名称 (システム名) 汎用機 : HULFT 用の自ホスト名 (任意の名称、システム管理者・ネットワーク管理

    • No:16165
    • 公開日時:2017/08/24 00:00
    • 更新日時:2018/03/22 18:00
  • エラー時のエラーコードに関して(i5OS)

    履歴情報のエラーコードは完了コードと詳細コードの2 種類があります。管理画面(UTLADMIN)や、リスト表示コマンド(UTLLIST、UTLOBSLIST) で確認できます。4 桁ずつで表示されます。 0000-0000 ( 完了コード-詳細コード) 完了コードは下3 桁の数字を参照してください。完了コード...

    • No:16170
    • 公開日時:2013/08/02 17:03
  • エラー時のエラーコードに関して(UNIX/Linux) 【動画説明】

    ※本FAQには内容を分かりやすく補足した動画を用意しております。 【動画説明はこちら】 履歴情報のエラーコードは完了コードと詳細コードの2 種類があります。管理画面(utladmin)や、リスト表示コマンド(utllist、utlobslist)で確認できます。4 桁ずつで表示されますので、下3桁の数字を参照...

    • No:16169
    • 公開日時:2013/08/02 17:03
    • 更新日時:2016/12/23 17:54
  • ユーティリティの戻り値の確認方法

    各 OS ごとの戻り値の確認方法は以下のとおりとなります。 Windows の場合 echo %ERRORLEVEL% UNIX/Linux (b シェル系) の場合 echo $? UNIX/Linux (c シェル系) の場合 echo $status IBMi の場合 各種ユーティリティ引...

    • No:543
    • 公開日時:2013/01/16 17:59
    • 更新日時:2018/07/09 10:13

53件中 31 - 40 件を表示