• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリー

■検索のヒント■
未ログインのお客様は保守契約のあるシリアルNOでログインいただくと、より詳しいFAQがご覧いただけます。
ログインページはこちらから

FAQのNo.から検索


『 テクニカルFAQ-一般公開向け- 』 内のFAQ

70件中 31 - 40 件を表示

4 / 7ページ
  • 他社ソフトウェア導入による HULFT への影響について

    弊社では、他社ソフトウェアとの共存による影響については調査や管理を行っておりません。 HULFT は、弊社が動作サポートしている OS レベルでの動作保証のみを行っています。 ただし、 HULFT が使用するファイルをロックするウィルススキャンやモニタリング系のソフト、または、 HULFT が使用するポートを先...

    • No:5
    • 公開日時:2013/01/16 17:52
    • 更新日時:2018/03/22 18:00
  • 「HULFT for Windows」のOS の言語環境と製品の言語 (日本語版、英語版) の組合せについて

    「HULFT for Windows」のOS の言語環境と製品の言語とが異なる組合せで利用することはできません。 日本語環境 OS には日本語版製品、英語環境 OS には英語版製品 (HULFT 本体のみ) を導入してください。 ※ HULFT Ver7.3.0以降の日本語版では、WindowsVista以...

    • No:2
    • 公開日時:2013/01/16 17:59
  • エラー時のエラーコードに関して(i5OS)

    履歴情報のエラーコードは完了コードと詳細コードの2 種類があります。管理画面(UTLADMIN)や、リスト表示コマンド(UTLLIST、UTLOBSLIST) で確認できます。4 桁ずつで表示されます。 0000-0000 ( 完了コード-詳細コード) 完了コードは下3 桁の数字を参照してください。完...

    • No:16170
    • 公開日時:2013/08/02 17:03
  • SPコードはどのようなときに使用されるものですか

    SPコードは次のようなときに使用します。 製品ダウンロード プロダクトキー発行 技術サポートサービス専用サイト

    • No:7
    • 公開日時:2014/10/05 00:00
  • 配信処理実行時、完了コード"250"が配信履歴に出力され、処理が失敗する。(HULFT for UNIX/Linux)

    配信側で出力される完了コード"250"は、集信側での問題を通知するエラーとなります。 集信側にエラーコードの確認をご依頼いただき、調査を進めていただけますようお願いいたします。 (本エラーは集信側に異常が発生したことを通知するエラーメッセージです。配信側からは本エラーの詳細な情報、対処方法を示す集...

    • No:28159
    • 公開日時:2017/08/22 09:29
    • 更新日時:2018/11/21 11:51
  • ライセンスについて (DataMagic)

    「 HULFT データ変換 Pro/Standard 」から「 HULFT-DataMagic 」へアップグレードした際、「 HULFT データ変換 Pro/Standard 」の製品ライセンスも移行、上書きされた扱いとなりますので、同時に動作させることはライセンス違反となります。

    • No:4
    • 公開日時:2013/01/16 17:59
    • 更新日時:2017/10/05 17:12
  • utlsendやutlrecvを同期指定(-sync)ありで実行した際、終了ステータス"133"でエラーが発生し、処理が失敗する(HULFT for Windows)

    コマンドの戻り値"133"は、同期指定で開始された転送処理が何らかの理由によりすべて失敗したことを意味します。 具体的にどのように失敗したかは、配信側のHULFTの管理画面の[配信履歴]に完了コード、詳細コードとして出力されます。 「エラーコード・メッセージマニュアル」に完了コードや詳細コードごとにエ...

    • No:28156
    • 公開日時:2017/08/22 09:34
  • 年末年始等の技術サポートサービスについて

    年末年始を除き、ゴールデンウイーク、お盆シーズン等、原則カレンダー通りの営業となります。年末年始は、12月30日より1月3日までが休業とさせていただいております。※夜間・休日サポートサービスは、通常通りサービスを提供いたします。

    • No:16113
    • 公開日時:2013/05/31 17:05
  • UNIX/Linux のカーネルのバージョンアップについて

    HULFT の動作確認は OS 単位で行っており、カーネル単位では行っておりません。バージョンアップ前後でカーネル間に互換性があれば、バージョンの違いによる HULFT への影響はないと判断しております。

    • No:12
    • 公開日時:2013/01/16 17:59
  • 配信処理に失敗した。完了コード”XXX710”が出力されている。(HULFT for Windows)

    以下に完了コード”710”の説明と、本エラーコード出力時の対処方法を説明いたします。 HULFTは下記の図のとおりに配信側と集信側で確立したTCP/IP通信でデータ転送を行っています。 このOSで行っている2.のTCP/IP接続の確立に失敗した時に、OSから異常終了した旨の連絡を受け取る形で、完了コー...

    • No:29854
    • 公開日時:2018/09/20 17:48

70件中 31 - 40 件を表示