• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

FAQのNo.から検索


  • No : 21165
  • 公開日時 : 2015/03/02 08:14
  • 更新日時 : 2018/04/09 17:00
  • 印刷

【DataSpider Servista】 メモリ割り当て値を変更したらDataSpiderServerの起動に失敗しました

DataSpiderServer.laxのメモリ割り当て値(ヒープサイズ)を変更したところ、以下のエラーメッセージが表示されてDataSpiderServerの起動に失敗しました。原因と対応方法を教えてください。
 
Error occurred during initialization of VM
Could not reserve enough space for object heap
Could not create the Java virtual machine.
 
カテゴリー : 

回答

■原因
 
DataSpiderServer.laxに設定したメモリ割り当て値(ヒープサイズ)が確保できない場合に発生するエラーです。
メモリ割り当て値(ヒープサイズ)に関しましては、参考情報をご確認ください。
 
■注意点
 
ご利用の DataSpiderServer の bit数の違いによって、設定できるメモリ割り当て値(ヒープサイズ)が異なります。
  • 32bitの場合
設定できるメモリ割り当て値(ヒープサイズ)の仕様上の上限は 2 GBです。ただし、プロセスに対して割り当て可能なメモリは、OS により制御されています。このため、実際に指定できる値は1.0 ~ 1.6GBとなります。
  • 64bitの場合
設定できるメモリ割り当て値(ヒープサイズ)に仕様上の上限はありません。実際の物理メモリの最大値まで設定が可能ですが、OS や他アプリケーションでもメモリを使用するため、実際の環境て使用可能なメモリ容量をご確認ください。
 
※32bit、64bitのどちらの場合でも、設定できる最大値は環境(メモリ容量やOSの設定)により異なります。充分な検証を行い、運用上確保できる値を設定してください。
 
 
参考情報
 
・プロパティリファレンス
 

このFAQに関してのご意見をお聞かせ下さい。