• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

FAQのNo.から検索


  • No : 21184
  • 公開日時 : 2015/03/02 08:14
  • 更新日時 : 2018/04/09 17:00
  • 印刷

【DataSpider Servista】 スクリプトの処理速度を向上させる方法としてCPUのコア数を増やした方が良いのでしょうか

スクリプトの処理速度を向上させる方法として、CPUのコア数を増やした方が良いのでしょうか?それともクロック数を上げた方が良いのでしょうか?
カテゴリー : 

回答

■仕様説明
 
通常のスクリプトの場合は、1つのスクリプトは1つのスレッドで実行されるため、コア数を増やしてもスクリプトの処理速度を向上させることは期待できません。
 
ただし、1スクリプトを複数スレッドで実行した場合、処理速度を向上させることが期待できます。
例えば以下の方法があります。
  • PSPスクリプトの場合
PSPスクリプトの場合は、読み取り、変換、書き込みがそれぞれ別のスレッドで実行されます。
  • スレッドコンポーネントを使用した場合
スレッドコンポーネントに含まれる処理が、マルチスレッドで実行されます。
  • Multi-Stream Converter を使用した場合
Multi-Stream Converter(マルチストリーミングコンバータ)の機能である[結合]、[集計]、[ソート]処理を使用した場合には、CPUのコア数(ハイパースレッディング含む)と同数のスレッドで並列に処理が実行されます。
 
通常のスクリプトでは、CPUのクロック数を上げることで、スクリプトの処理速度を向上させることが期待できます。この場合、CPUがボトルネックになっている場合に効果が期待できますが、メモリや接続先のデータソースがボトルネックになっている場合、効果が期待できません。
 
CPU がボトルネックになっていることが確実な場合のみ、クロック数を上げることをご検討下さい。