• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリー

FAQのNo.から検索


  • No : 27719
  • 公開日時 : 2017/06/05 00:10
  • 印刷

日本の電子政府推奨暗号の暗号仕様への準拠について

HULFT暗号は、日本の電子政府推奨暗号の暗号仕様に準拠していますか。
 
カテゴリー : 

回答

HULFT暗号は独自ロジックの暗号を行っておりますが、安全性確保のため、日本の電子政府推奨暗号の暗号仕様準拠への有無および類似暗号アルゴリズムについては、明確な回答ができかねます。
 
なお、HULFTのオプションである「HULFT8 CipherOption (AES)」(※1)については、日本の電子政府推奨暗号の暗号仕様に準拠している暗号機能で、NIST(※2)のCAVP(※3)制度によるテストにも合格しているAES暗号化を利用しております。
 
上記のため、日本の電子政府推奨暗号をご利用になる場合、「HULFT CipherOption (AES)」(※1)での暗号化をご検討ください。
 
また、日本の電子政府推奨暗号の暗号仕様には準拠しておりませんが、カオス関数を利用した安全で強度の高い共通鍵暗号方式として、「HULFT Cipher Option (C4S)」(※4)もございます。
 
※1
「Ver.7」での正式名称は「HULFT7 暗号オプション(AES)」です。「Ver.6」ではAES暗号には対応しておりません。
 
※2
National Institute of Standards and Technologyの略称です。
米国商務省が管轄する国立標準技術研究所のことです。
 
※3
Cryptographic Algorithm Validation Programの略称です。
米国NISTが規定するアルゴリズムに対して、準拠性テストおよび認証を行う制度です。
 
※4
「Ver.7」での正式名称は「HULFT7 暗号オプション(C4S)」、「Ver.6」での正式名称は「HULFT 暗号・オプション」です。
 
Version Information : 
Ver.6、Ver.7、Ver.8

このFAQに関してのご意見をお聞かせ下さい。