つながる価値、ひろがる未来。 ファイル転送、データ連携ならHULFT

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

FAQのNo.から検索


myHULFT


評価版ダウンロード、ご利用製品のライセンス管理、セミナー/研修のお申込み、各種お問合せはこちらから

ログイン

技術サポートサービス


技術サポートサービスご契約のお客様へ:豊富なテクニカルFAQやマニュアル等を閲覧いただけます。是非ご利用ください!

ログイン

  • No : 567
  • 公開日時 : 2013/01/16 17:59
  • 更新日時 : 2018/11/21 10:14
  • 印刷

集配信双方で一致させるべきポート番号について

HULFT で使用するポート番号はどのように設定すればよいのですか。
カテゴリー : 

回答

前提として、 他のアプリケーションによって使われないポート番号を設定してください。
他のアプリケーションに同一マシン上の別 source IPアドレスが割り振られていたとしても、同じポート番号は使用できません。
 
HULFT で集配信を行うには、配信側と集信側で、以下のポート番号が一致している必要があります。
  • 配信側の [詳細ホスト情報]-[集信ポートNo.] と、集信側の [システム動作環境設定]-[集信ポートNo.] (※)
  • 集信側の [詳細ホスト情報]-[要求受付ポートNo.] と、配信側の [システム動作環境設定]-[要求受付ポートNo.] (※)

その他のポート番号は、配信側と集信側で整合性をとる必要はありません。

なお配信ポート番号は OS が動的に割り振るので、設定の必要はありません。

※ Mainframe 版 HULFT の場合のみ、ポート番号は [システム動作環境設定] ではなく、以下の場所で定義しています。

  • MSP ・ XSP : TISP もしくは VTAM-G/TISP の APPL 定義文
  • OS390 : HULFT の PORT 管理ファイル
  • VOS3 :タスクの起動 JCL の実行パラメータ (EXEC 文)
  • ACOS :ソケット (NWCM/BASE) のサービス定義情報
Version Information : 
Ver.5、Ver.6、Ver.7、Ver.8

アンケート:ご意見をお聞かせください

購入に関するお問い合わせこちらへ


新規または追加購入等に関してFAQがない場合には、こちらの窓口へお問合せください。

お問い合わせ窓口一覧はこちら