つながる価値、ひろがる未来。 ファイル転送、データ連携ならHULFT

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

FAQのNo.から検索


myHULFT


評価版ダウンロード、ご利用製品のライセンス管理、セミナー/研修のお申込み、各種お問合せはこちらから

ログイン

技術サポートサービス


技術サポートサービスご契約のお客様へ:豊富なテクニカルFAQやマニュアル等を閲覧いただけます。是非ご利用ください!

ログイン

『 ライセンス体系・価格 』 内のFAQ

25件中 1 - 10 件を表示

1 / 3ページ
  • HAクラスタ構成で製品を利用する場合、ライセンスはいくつ必要ですか?

    HULFT製品は、1ライセンスにつき1オペレーティングシステム(OS)上で使用できます。 HAクラスタ構成においても、HULFT製品をインストールするOS数のライセンスが必要となります。 HULFT、HULFT-HUB Server、HULFT-WebFileTransfer、HULFT-SANについ...

    • No:29236
    • 公開日時:2018/05/31 00:00
  • リプレイスに伴い並行稼動が生じる場合、ライセンスの追加購入が必要でしょうか?

    HULFT製品は、1ライセンスにつき1オペレーティングシステム(OS)上で使用できます。 新旧環境で並行稼動が生じる場合は、原則的には追加ライセンスのご購入が必要ですが、並行稼動期間が60日以内である場合、追加ライセンスのご購入は不要です。 並行稼動期間が60日以上生じる場合は、追加ライセンスをご購入...

    • No:28993
    • 公開日時:2018/04/24 14:05
    • 更新日時:2018/06/01 15:24
  • 現在保有しているライセンスを新しいサーバーでも利用することが出来ますか?

    保有している製品が、新しいサーバのOSおよびミドルウェアに対応していれば、新しいサーバでのご利用いただけます。 新しいサーバへ移行後、現行サーバから製品のアンインストールをお願いします。 各製品で対応しているOSやミドルウェアについては、各製品ページまたは以下のURLよりご確認いただけます。 ...

    • No:29210
    • 公開日時:2018/05/23 14:46
    • 更新日時:2018/06/19 10:27
  • 冗長化構成で製品を利用する場合、ライセンスはいくつ必要ですか?

    HULFT製品は、1ライセンスにつき1オペレーティングシステム(OS)上で使用できます。 冗長構成においても、HULFT製品をインストールするOS数のライセンスが必要となります。 1.HAクラスタ構成の場合 FAQ「HULFT製品をHAクラスタ構成におけるライセンスの考え方」をご参照ください。 ...

    • No:29237
    • 公開日時:2018/05/31 00:00
    • 更新日時:2018/05/31 17:02
  • パッケージ製品価格について教えてください

    データ連携システムの規模に応じて選べる、パッケージタイプをご用意しております。パッケージによって、本体の基本構成に含まれるライセンス数とアダプタの種類が異なります。 ① DataSpider Servista Advanced Server Package 550万円~ ② DataSpider Se...

    • No:30039
    • 公開日時:2018/11/29 15:00
  • SAPとの連携について教えてください。

    DataSpiderでは、BAPI/RFC、IDoc/ALEのインターフェイスを利用した連携(データの登録/参照)や、SAPクエリ/SAPテーブルを利用した連携(参照のみ)が可能です。 DataSpiderにはSAPとの連携の用途に応じた3つの接続アダプタ(①SAPアダプタ ②SAP BCアダプタ③SA...

    • No:30040
    • 公開日時:2018/11/29 15:01
  • DataSpider Servistaの基本的なライセンスの考え方を教えてください。

    DataSpider Servistaは、コンピュータのCPU数単位の課金体系です。 ※CPU数とは、物理CPU数を指します。 仮想化環境においては、4コアまでの使用につき、1ライセンスが必要です。 開発・検証用途には、「開発サーバライセンス」が適用できます。 開発サーバライセンスは、CP...

    • No:29000
    • 公開日時:2018/04/24 14:30
    • 更新日時:2018/06/01 15:29
  • 「No Encryption」とはどのような製品でしょうか?

    「No Encryption」とは、暗号機能を除いた製品となります。 暗号機能を持つソフトウエアの輸入や使用が現地法規で制限されている国(中華人民共和国、ロシア、フランスなど)でのご利用を想定した仕様となっております。 価格は、通常製品と同額となります。 ※お客様が当社製品を日本国外にて使用される場...

    • No:29152
    • 公開日時:2018/05/28 00:00
  • 製品をダウングレードして使用することはできますか。

    大変申し訳ございませんが、販売終了した製品のご利用はできません。 最新バージョンの製品を御利用ください。 最新バージョンと旧バージョン製品との非互換などについては、WEBサイト(https://www.hulft.com)の「製品一覧」から、各製品の「動作環境」をご確認ください。

    • No:29160
    • 公開日時:2018/05/28 00:00
    • 更新日時:2018/05/28 15:38
  • DataMagic DesktopとDataMagic Serverの違いはなんでしょうか?

    DataMagic Desktopは、ファイルのレイアウト変換をスタンドアローンによる利用を想定した製品です。 以下のようなご用件や用途の場合は、DataMagic Serverをご利用ください。 ・文字コード変換をしたい ・DB連携をしたい ・リモート端末から変換の設定をしたい ・複数の利...

    • No:29207
    • 公開日時:2018/05/23 14:32
    • 更新日時:2018/06/01 16:28

25件中 1 - 10 件を表示