• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリー

FAQのNo.から検索


『 テクニカルFAQ-一般公開向け- 』 内のFAQ

72件中 11 - 20 件を表示

2 / 8ページ
  • 配信処理に失敗した。完了コード”XXX710”が出力されている。(HULFT for Windows)

    以下に完了コード”710”の説明と、本エラーコード出力時の対処方法を説明いたします。 HULFTは下記の図のとおりに配信側と集信側で確立したTCP/IP通信でデータ転送を行っています。 このOSで行っている2.のTCP/IP接続の確立に失敗した時に、OSから異常終了した旨の連絡を受け取る形で、完了コー...

    • No:29854
    • 公開日時:2018/09/20 17:48
  • 【DataSpider Servista】 元号切替の影響について

    ■元号変更による影響箇所について 元号は以下の Mapperロジックにて使用しております。 和暦に変換 和暦のパース このため、Mapper ロジックの [和暦に変換] と [和暦をパース] をご利用の場合、影響がございます。 ■確認方法について 上記を使用しているプロジェ...

    • No:29542
    • 公開日時:2018/09/10 17:40
    • 更新日時:2019/03/22 19:00

  • エラー時のエラーコードの体系について(HULFT Windows) 【動画説明】

    ※本FAQには内容を分かりやすく補足した動画を用意しております。 【動画説明はこちら】 履歴情報のエラーコードは、完了コードと詳細コードの2種類があります。HULFT管理画面の状況照会の各画面で確認できます。完了コードは6桁で表示されますが、下3桁の数字を参照してください。 000000(00000...

    • No:16168
    • 公開日時:2013/08/02 17:03
    • 更新日時:2018/12/18 11:19
  • HULFTインストール時に「必須ソフトウェアがインストールされていません。」といったメッセージが出力される

    多くの事例では、導入されている『Visual C++再頒布可能パッケージ』のバージョンが、HULFTの必須ソフトウェアのバージョンとは異なることに起因して、該当のメッセージが出力されております。 HULFT8をインストールするためには、以下の『Visual C++再頒布可能パッケージ』が必要です。 ...

    • No:22769
    • 公開日時:2015/10/01 00:00
  • バージョンアップ時に発生する、バージョンアップにともなう非互換の確認方法(HULFT・HULFT-HUB・DataMagic・HULFT-WebFileTransfer)

    異なるバージョン間で発生する非互換については「新機能・非互換説明書」に記載されており、そちらをご確認いただく必要がございます。 以下にHULFT for Windows Ver.7.1.1からVer. 8.1.3へバージョンアップする場合の非互換の確認を例にご説明いたします。 ■目次 1...

    • No:28604
    • 公開日時:2017/12/27 15:29
  • 集信処理時に完了コード"736"が出力され、処理が失敗する。(HULFT Windows)

    【原因】  完了コード"736"は、集信側HULFTが集信処理の前に行っている配信側のホスト名の確認に失敗した場合に発生します。 【対処方法】  完了コード"736"が出力された場合の対処法としては、集信側HULFTの集信履歴より配信側HULFTのホスト名を確認し、集信側の[詳細ホスト情報]...

    • No:28160
    • 公開日時:2017/09/05 09:29
    • 更新日時:2018/12/18 11:21
  • 製品マニュアルの入手方法について【動画説明】

    マニュアルは製品に同梱されておりますが、技術サポート専用サイトからダウンロードいただくことが可能です。 ■ダウンロード可能なマニュアル HULFT Family各製品(各バージョンの最新版のみとなります) ■ダウンロード手順 技術サポートサービス専用サイトにログイン(ログイン方法につい...

    • No:23020
    • 公開日時:2015/11/01 00:00
    • 更新日時:2018/10/11 18:01
  • HULFT Family製品はAWSに対応しているでしょうか

    AWSに特化した動作確認は実施しておりませんが、AWS上のOSがHULFT Family製品が対応しているOSであれば、ローカル環境と同様に対応としております。 また、AWSに導入するうえでの注意点は特にありません。

    • No:27848
    • 公開日時:2017/07/07 11:48
  • プロダクトキー再発行が必要となるケース、および再発行方法(HULFT)

    以下の場合にプロダクトキーの再発行が必要になります。 製品の導入環境の変更により、以下の情報が変更される場合 導入マシンのホスト名の変更 (※) 導入 OS の変更 製品の変更 / 製品の構成を変更する場合 製品のレベルアップ・リビジョンアップ 製品の上位グレードへの移行 製品のバージョ...

    • No:16165
    • 公開日時:2017/08/24 00:00
    • 更新日時:2018/03/22 18:00
  • 祝祭日の追加、削除に伴う対応要否 (HULFT製品)

    対処要否は以下のとおりになります。 製品名 対処要否 HULFT あり (Windows版のみ) HULFT Script Option あり HULFT Manager なし ...

    • No:30108
    • 公開日時:2019/01/31 17:02
    • 更新日時:2019/03/19 14:01

72件中 11 - 20 件を表示